サイトマップ

トップページ菊池十五家とはお菓子めぐりあなたは何菓子派?

菊池十五家TOP > お菓子めぐり > あまとや本店の紹介
あまとや本店−菊池菓子店めぐり
 

あまとや本店 創業のきっかけ



現店主の祖父が隈府御所通りにあった菓子店・山代屋にて修行し、結婚後すぐに開業。
屋号の由来は、創業者が甘党であったからという理由で「甘党屋」になり、2代目店主から子どもでも読めるようにと、ひらがなで「あまとや」になったという。
菊池を代表する銘菓である「松風」専門店となってから50年以上の歴史を持つ店は、風情ある佇まい。
今は3代目店主の中原源士郎さんが奥さんと仲良くきりもりしている。



サクサクとした食感にやさしい甘さ あまとやの”松風”



 
松風に散らす香ばしいけしの実
 現在、菊池で松風を焼いている菓子店は数店あるが、それぞれの味・風味・食感は実にさまざま。
あまとやの松風の特長は、何といっても香ばしい食感。そのサクサクッとした軽い歯ざわりとケシの実の風味、そしてやさしい甘さ。飽きのこない味わいと食感がクセになる。このケシの実の風味は、できる限り油を使わず焼いているからこそ感じとられるのだという。
 戦後初めて「松風」づくりの機械化に成功したというあまとや。その運行釜は、なんと今も現役という。毎朝5時にスイッチを入れて調節をスタート。変わらぬ味を守るため大切に使われている。「先代が考案したこの運行釜、それとともに時代を歩んだ職人さんは、この店にとってかけがえのない宝です」と源士郎さん。
 焼き菓子なので日持ちはするが、やはり焼きたてのおいしさは格別。
できるだけこの味を届けたいので、焼きたての香ばしいうちにすばやく封をする。ひとつひとつ手で包むこだわりからぬくもりが伝わる。
 松風というのは湿気に弱い。また夏と冬では気温も湿度も違うため、年中同じ焼き方というわけにはいかない。職人さんの長年の感覚で水分や粉の量を調整しながら焼き上げている。この製法は創業当時から変わっていない。この道一筋の職人さんが手がける松風の素朴なおいしさは絶品だ。

 
ひとつひとつを
手作業で包装

 
丁寧に箱詰め
された松風

 
袋入りタイプ

あまとや菓子職人の素顔 あまとや菓子職人の素顔


【中原 源士郎さん・三代目】
菊池のまちの魅力は「人」、と語る3代目の源士郎さん。
「今の自分があるのは周囲の方のおかげ。松風を通して出会った色々な人に助けられたから、こうして3代目を続けていられるんです。」源士郎さんと仲むつまじい奥さんはもちろん、20年以上働いている従業員さんらと一緒にアットホームな雰囲気の中で松風を作っている。


あまとやオススメのお菓子


 
松風
 
湯の華

菊池十五家めぐり あまとや本店



住所:菊池市隈府940

電話番号:0968-25-2366

FAX番号:0968-25-3488

WEBサイト:無

営業時間:9時〜17時まで

定休日:不定休

駐車場:無

お取寄せ:有(フリーダイヤル 0120-88-5841)

あまとや本店の外観写真

あまとや本店の内館写真

大きな地図で見る
Copyrights 2008-2012 菊池観光協会 Allrights Reserved.