サイトマップ

トップページ菊池十五家とはお菓子めぐりあなたは何菓子派?

菊池十五家TOP > お菓子めぐり > 松風本家・正観寺丸宝の紹介
松風本家・正観寺丸宝−菊池菓子店めぐり
 

松風本家 正観寺丸宝 創業のきっかけ



 砂糖の手に入らなかった時代(明治後期)に一度休業していた「野口商店」を、初代 野口カネが女手ひとつで復活創業したのがきっかけ。
 2代目から店名が現在の「丸宝」となる。創業当時は駄菓子屋で「松風」の他にもいろいろなお菓子を店頭で量り売りしていたが、温泉地のお土産として「松風」の人気が高まるにつれ、現在のような松風専門店となっていった。
 お店の宝は、丸宝(野口家)の裏紋である達磨ちゃぼの暖簾。


京都から菊池へ、そして菊池から全国に広まったお菓子「松風」



 
箱入りの松風
  「松風」は京都で南朝天皇家の警護に当たっていた南北朝時代の豪族、菊池一族が持ち帰った京文化のひとつとも言われている。京都にも「松風」は存在するが、その外見は全く違う。菊池の「松風」がとても薄くてパリパリしているのに対し、京都の「松風」は少し厚手で蒸しパンに近い。京都と菊池は食文化が全く違ったため、九州人の味覚に合うように変化していったとも考えられている。とても薄く、見た目も上品な菊池の「松風」は、お茶席のお菓子としても好まれている。

 「松風」という名の由来には諸説あるが、店主いわく松風は表にけしの実をふり、裏はかざりがない。
この”裏さびしいこと”を、浦の松葉の間を吹き抜ける「ヒュー」という音(昔の人の言葉で『浦は寂しい松風の音』と云った)"とかけて、松風と名づけられたともいわれる。
 今日では熊本を代表する銘菓のひとつである「松風」。昭和29年の、菊池温泉の掘削を機に、その軽さと日持ちのよさから、温泉地の土産として観光客に広まっていった。「松風」という菊池の伝統菓子が全国に広がったという非常に珍しい背景を持っている。  
風格漂う看板
 
店内には太鼓

日本一薄い和菓子づくりへのこだわり



 
天皇陛下にも献上された
正観寺丸宝の松風
 松風の作り方や味は、それぞれの店で違う。正観寺丸宝は薄さにこだわり、その厚さはなんと1.2mmの日本一薄い松風。パリパリとした食感で上品な甘さ。その薄さゆえ、味を集約させるのが非常に難しい。また湿度と気温で風味や食感が変わってしまうため、季節によって作り方を変えているという。
なお、素材のこだわりは北海道から取り寄せているてん菜糖。松風に使う砂糖をてん菜糖にかえることにより、上品で淡白な甘さになりまた体にも優しい。 使用する砂糖をてん菜糖にかえたのは現店主からだが、製造工程で割れやすくなってしまい、実用化するのに5〜6年の歳月を費やしたという。
※てん菜糖とは大根の汁から作った砂糖で、淡白な甘さでオリゴ糖が多く含まれるため、おなかに優しい砂糖と言われている。

松風本家・正観寺丸宝・菓子職人の素顔 菓子職人の素顔


【野口 征治郎二さん・三代目】
 現店主の野口征治郎さん(3代目)は、今でも全国のデパートの物産展などに出向き、「松風」の手焼き実演をしながら、積極的に「松風」のPRに努めている。
娘さんと征治郎二さん(店先にて)


正観寺丸宝 オススメのお菓子


 
松風


菊池十五家めぐり 松風本家・正観寺丸宝



住所:菊池市隈府1097-2

電話番号:0968-25-3721

FAX番号:0968-25-1581

WEBサイト松風本家 正観寺丸宝

営業時間:9時〜17時

定休日:日曜日

駐車場:有(2台)

お取寄せ通販・フリーダイヤル0120-25-3721

松風本家・正観寺丸宝の外観写真

松風本家・正観寺丸宝の内館写真

大きな地図で見る
Copyrights 2008-2012 菊池観光協会 Allrights Reserved.