サイトマップ

トップページ菊池十五家とはお菓子めぐりあなたは何菓子派?

菊池十五家TOP > お菓子めぐり > 原口製菓・古能美の紹介
原口製菓・古能美−菊池菓子店めぐり
 

原口製菓・古能美 創業のきっかけ



 創業者である原口哲夫氏が隈府栄町で煎餅屋を始める。終戦後、中国(北京)より引き揚げ、ふるさと菊池でお菓子屋を開業。創業時は主に「せんべい」「すずめの卵」「かりんとう」などの今で言う駄菓子を作っていた。その当時は、松風をオーブンで大量に焼く機械はないので、すべて手焼きで、広い鉄板に水だねを流し広げて一枚一枚焼いていた。手焼きの時代が長く続いたが、松風オーブンの開発とともに、地元菊池地域以外でも京都・大阪・奈良にも販売を拡大している。関西方面に出しているのは先代が関西方面に赴き顧客を開拓したのがきっかけ。古能美(このみ)という店名の由来は、その昔、「木の実」の糖分からお菓子を作っていたという昔の文献から取ったとのこと。


黒砂糖ブームから生まれた”古能美の新しい松風”



 
カットされた松風は素早く揃える
 昭和48年に建てられた松風製造工場内では、衛生管理が徹底されている。また、四季を通じて均質な製品は培われた技術と経験をもとに製品の管理に役立てられている。原口製菓では、黒砂糖を使った松風「黒松風」も販売している。「最近は黒砂糖ブームなので、松風にも反映できないかと思い作ってみた」と専務である考案者の石田惟幸さん。

 黒砂糖はアクが多く生地が型にくっつきやすいことから、普通の松風とは違う生地を仕立て、手焼きのオーブンで何度もテストを重ねた。そうして誕生したのが「黒松風」だ。なんといってもユニークなのは、通常の松風のようなケシの実のかわりに小さなアーモンドが散らされていること。
松風と黒糖とアーモンド。この組み合わせがいま好評なのだそう。
 常に、新しいお菓子のアイデアを持っている専務の石田さんは、お客さんの「美味しかった」というダイレクトな意見が、直接実感としてフィードバックされることにやりがいを感じるという。また、店内には、全国から集められた有名なお煎餅も取り寄せ販売されている。
 
店内にはくつろぎスペースも
 
明るい笑顔のスタッフ

原口製菓・古能美・菓子職人の素顔 菓子職人の素顔


【石田 惟幸さん・専務】
「従業員が一生懸命やってくれているので、それがすべてです」と専務の石田惟幸さん。また常に新しい味、新しいお菓子を考えているそう。製造者と消費者が直結しているので、絶えずお客さんのニーズや好みをとらえることができ、作り手にとっては、そこが面白いという。


原口製菓・古能美 オススメのお菓子


 
松風
 
しらくも

菊池十五家めぐり 原口製菓・古能美



住所:菊池市隈府897-2

電話番号:0968-25-2125

FAX番号:0968-24-4122

WEBサイト:無し

E-Mailinfo@haraguchi-seika.co.jp

営業時間:9時〜18時まで

定休日:年末年始のみ

駐車場:有(10台)

お取寄せ:有(上記の電話・FAXからどうぞ)

原口製菓・古能美の外観写真

原口製菓・古能美の内館写真

大きな地図で見る
Copyrights 2008-2012 菊池観光協会 Allrights Reserved.