サイトマップ

トップページ菊池十五家とはお菓子めぐりあなたは何菓子派?

菊池十五家TOP > お菓子めぐり > よしのや菓舗の紹介
よしのや菓舗−菊池菓子店めぐり
 

よしのや菓舗 創業のきっかけ



 初代・柴田豊さんは和菓子職人として京都や永平寺近くで修業していた。職人肌の初代は研究に時間を惜しまず、「四季折々の花の花びら一枚一枚に桜・梅の特徴を出し、また鯉も常に正しく泳ぐかのような代物でした」とお客様の言葉。
 和菓子店として地域の皆さんに親しまれ愛され、大正の始めより菊池で創業。現在2代目の店主・健二さんは昭和40年代頃、夜間の大学に通いながら、創業者である父・豊さんからお菓子づくりを習った。和菓子専門店だったが、あることきっかけに本格的な洋菓子部門に力を入れた店づくりになった。


新鮮な素材と手づくりにこだわって



 
カステラがつくられる様子
 昭和48年頃から2代目店主・柴田健二さんは本格的な洋菓子づくりをはじめた。きっかけは、バタークリームが主流だった時代に、初めて生クリームを食べ、その美味しさに驚いたからだった。
 ちょうどその頃、洋菓子がブームになり始めたが、菊池では洋菓子にあまりなじみがなかった。「バタークリームケーキならば安価で日持ちがするが、生クリームで作るとどうしても価格が上がってしまい、作り始めた頃はなかなか売れず、近所に配ってまわったこともあった」という。

 よしのやのお菓子に対するこだわりは、フレッシュな素材を使用すること。例えばスポンジ生地をふんわりと焼き上げるために、地元でとれた新鮮な卵を使用し、素材に気を配る。また、カステラには蜂蜜をたっぷり使い、しっとり感を出している。
 最近は甘さ控えめが主流というお客様のニーズに合わせ、以前に比べると使う砂糖の量はだいぶ減っているが、甘さを極端に減らしてしまうと本来のお菓子のよさも半減してしまうため、お客さんの声とおいしさのバランスをとりながら、日々お菓子づくりに励んでいる。

豊富な種類のお菓子が並ぶ店内

 
終戦後のネーム入りタオル

 
ショーケースに並ぶケーキ

 店内には和菓子と洋菓子、両方がそれぞれのショーケースに並ぶ。スポンジケーキはきめ細かくしっとり。風味豊かなその生地は、ほのかな甘い香りが伝わってくる。

人気商品のフレッシュロールは、イチゴ・キウイなどの果物4種類がつまっている。「小分けして食べやすいように、フルーツは細かく切っているんですよ」と健二さん。

スポンジなどの下地づくりは健二さん、ケーキの仕上げは長男、焼き菓子は次男と、家族で分担している。

よしのや菓舗・菓子職人の素顔 菓子職人の素顔


【柴田 健二さん・二代目】
家族みんなお菓子が大好き。おいしいものを食べないとおいしいお菓子は作れない というポリシーのもと、旅行に行くと必ずたくさんのお菓子を買ってくる。
柴田さん一家は、芯からのお菓子好き職人と言える。


よしのや菓舗 オススメのお菓子


 
ロールケーキ
(フルーツ・抹茶)
 
将軍木
きくちあいすキャンペーン2014加盟店 [詳細]

菊池十五家めぐり よしのや菓舗



住所:菊池市隈府栄町885-11

電話番号:0968-25-2441

FAX番号:0968-25-2341

WEBサイト:無し

営業時間:平日 8時30分〜20時、日曜 9時〜19時

定休日:不定休

駐車場:有(8台)

お取寄せ:有(上記の電話・FAXよりどうぞ)

よしのや菓舗の外観写真

よしのや菓舗の内館写真

大きな地図で見る
Copyrights 2008-2012 菊池観光協会 Allrights Reserved.